C型肝炎患者さんに日常生活で
気をつけていただきたいこと@

次へ

ここではインターフェロン治療を行うC型肝炎の患者さんに共通して気をつけていただきたいことをご説明します。

金子先生

食事

朝・昼・夕に規則正しく食事してください。

 

良質なたんぱく質が多く含まれる食品1)タンパク質をとりましょう。

C型肝炎の患者さんは、肝臓の細胞がこわれたり、再生したりをくりかえしているため、肝臓の再生を助けるようにタンパク質を多くとることが大切です。

<良質なタンパク質が多く含まれる食品>

大豆製品、鶏肉、牛乳などの乳製品

 

ビタミンが多く含まれる食品 2)ビタミンを多くとりましょう。

C型肝炎の患者さんは、腸からのビタミン吸収が低下しています。また、肝臓の細胞の再生にもビタミンが使われます。インターフェロン治療期間中はビタミンを多く含む食品をとりましょう。

<ビタミンが多く含まれる食品>

ビタミン 食 品
A 緑黄色野菜(にんじん、赤ピーマン、かぼちゃなど)、うなぎ
B1 豚肉、豆類(大豆、落花生など)、穀類の胚芽
B2 乳製品、卵、うなぎ、かれい
C 柑橘類、キウイ、トマト、イチゴ、パパイヤ
E 植物油(ひまわり油など)、にしん、アボカド、ナッツ類

 

亜鉛が多く含まれる食品3)亜鉛をとりましょう。

C型肝炎の患者さんは、肝炎の進行に伴って血液中のカルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛が低下しやすくなります。亜鉛の低下は味覚異常の原因にもなります。インターフェロン治療中の味覚異常の原因が亜鉛であれば、亜鉛をとりましょう。

<亜鉛が多く含まれる食品>

海苔、きなこ、大豆など

 

鉄分が多く含まれる食品4)鉄分が多い食品は控えましょう。

C型肝炎の患者さんは、肝臓に鉄が過剰に蓄積してしまうことがわかっています。鉄が過剰になると、肝臓の細胞を傷つけ、肝炎の進展、さらには肝がんの発生に影響を与えると考えられています。鉄分が多い食品は控えましょう。

<鉄分が多く含まれる食品>

穀類 オートミール、ふ、そば、玄米、即席麺、スパゲッティ
野菜 切り干し大根、パセリ、小松菜、枝豆、そらまめ、水菜、ほうれん草、サニーレタス、チンゲン菜、ブロッコリー
きのこ・海藻 きくらげ、干ししいたけ、えのきたけ、しめじ、ひじき、あおのり
豚レバー、鶏レバー、牛レバー、牛もも・かた、牛ひき肉、鶏もも、鶏ひき肉、豚ひき肉
アサリ、シジミ、はまぐり、あゆ、いわし、かつお、さんま、まぐろ、ぶり、ほたて
卵・豆加工品 卵黄、乾燥大豆、生揚げ、高野豆腐、納豆、きな粉
嗜好飲料・
調味料・果物
ココア、バジル粉、みそ、黒砂糖、カレー粉、プルーン

 

1 |  |  | 次へ