C型肝炎ウイルスに感染すると@

次へ

C型慢性肝炎の自然経過

金子先生
C型肝炎ウイルスに感染すると、長期間に渡って無症状でゆっくりと肝炎が進行します。自覚症状が乏しく、感染している本人も気づかないことが多いのですが、治療しないで放っておくと肝硬変、肝がんに進行する確率が高くなります。一般的にC型肝炎ウイルスへの感染から20〜30年かけて慢性肝炎から肝硬変に進行し、さらに10年で肝がんとなります。
1 |  | 次へ